津南町移住推進協議会

津南で田舎暮らし 空家・空地情報バンク 津南求職者バンク 趣味・アウトドアライフ・観光 津南町の基本情報 ショッピング・交通情報 医療・介護・福祉・救急情報 子育て・教育情報

津南町移住推進協議会トップページへ
トップ > 津南で田舎暮らし > 新規就農者支援事業
新規就農者支援事業

新規就農者募集

津南町では高原に拓かれた広大な台地に北海道なみの大型農業経営を展開する、やる気のある新規就農者を募っています。津南町に定住していただくことを前提として、農業未経験者を対象に3年程度の農業研修、助成制度を実施しております。津南町の概要とあわせて支援策の具体的な内容を紹介していますのでご覧ください。このサイトだけでは不明な点が多いかと思いますので、ぜひ一度当町にお立ち寄りください。
(写真は沖ノ原台地)

津南町農業の概要・特徴

津南町の基幹産業は農業であり、農業後継者・新規参入者の就農率は県内屈指となっており、広大な農地を利用し、青年農業者を中心に大規模経営が図られています。
農業の特徴は 「魚沼コシヒカリ 」に代表される稲作、ニンジン、アスパラガス、花卉、葉たばこ等々畑作の他、酪農などの畜産、キノコなどの林産の産地を形成しています。苗場山麓に広がる標高400m〜700mの河岸段丘上は、昭和48年から国営総合農地開発事業に取り組み、平成13年までに畑地造成・区画整理 960ha、水田の区画整理878haが完了しました。
畑地の1区画は、1ha(100m×100m)〜3ha(100m×300m)であり、かんがい用排水が全て整備され、農用地の整備状況は全国でも最高水準にあります。
雄大な農地とともに段丘の最上部には300haの牧場が広がり、見渡す限り緑の山々、吹き渡るそよ風の中、恵まれた自然を大切に維持しながら、食糧供給基地としての産地形成のために、良質な土地づくり、機械化体系、共販体制等々を推進し、安全・安心な食糧生産と供給を目指しています。
また日本有数の豪雪地帯であり、ニューグリーンピア津南をはじめとするリゾート施設、スキー場、温泉、キャンプ場など観光産業が近年急速に発展し、 「農業と観光の町 」として注目を集めています。
(写真はいずれも沖ノ原台地)

新規就農者への支援・優遇措置

40歳以下で津南町に定住し就農したい方には次の支援・優遇措置があります。(※ただし、畑作に限ります)
1.農業研修制度
(1) 研修先(財)津南町農業公社又は先進的畑作農業者(研修者1名につき、2〜3名程度の農家)において本人の希望に応じます。
(2) 研修期間3か年以内(ただし、4月頃より11月頃まで)で研修期間中は月額5万円の助成金を貸付します。
(3) 研修内容研修ほ場において、自分で栽培しながら実地研修を主体に行い、その他は野菜、花卉等の栽培農家及び農業公社で手伝いをしながら実地に栽培方法を学びます。
(4) 住居等宿泊施設及び空き家等を(財)津南町農業公社が斡旋します。(自炊)
(5) 就農資金資金額については、就農時の機械・施設・農地投資額によりますので何とも言えませんが、これらの投資については補助金、公的資金の導入が可能ですのでその都度相談となります。しかし必要最小限の資金として、就農時に運転資金及び小農具等で、200〜300万円及び農業が軌道に乗るまでの期間(本人の努力にもよる)の2〜3年間の生活費が不足するものと思われます。

2.農地のあっせん制度
農業研修終了後、(財)津南町農業公社で農地(畑地)を取得または借地で、ご希望通りあっせんします。(借地には助成制度があります。)

3.農業機械の装備等
(1) 研修期間中は、(財)津南町農業公社の農業機械の貸付をします。
(2) 就農時は、農業機械の装備に助成制度があります。

4.作物
土地条件からすると大規模野菜栽培が適地です。一番多く栽培されている野菜はアスパラ、人参です。就農開始時は、価格が決まっている加工トマト等が適していると思われます。

5.営農指導等
(財)津南町農業公社が中心となり、農協、農業改良普及センター等で農業経営指導、栽培技術指導等を行い手助けをします。基本的に私どもは自立できる農業者の育成を目指しておりますので、指導という面では限界がありますが、最終的には本人の努力と能力により就農が成功するかどうかが決まってきます。その点については十分にご認識いただきたいと思います。

新規就農者の状況

津南町においては、平成7 年から平成17 年までに20名の新規参入者を受け入れましたが、現在の参入者の方は研修に励み、または就農されて日々頑張っております。

新規参入者(町外出身者)の現状(平成17年4月現在)

平成7年 平成8年 平成9年 平成10年 平成11年 平成12年 平成13年 平成14年 平成15年 平成16年 合計 備考
新規参入者数

4人

3人

6人

2人

2人

1人

 

1人

 

1人

20人

出身
東京都5人
神奈川3人
千葉県3人
その他9人
内訳 研修中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人

1人

就農

4人

3人

6人

2人

2人

1人

 

1人

 

 

19人



ファームハイツ 堆肥散布作業 人参収穫作業
新規就農者用のアパートで、世帯用と単身者用があります。 研修先では実地で作業をし、基礎から農業を学びます。 研修終了後は独立して、農業経営を開始します。