津南町移住推進協議会

津南で田舎暮らし 空家・空地情報バンク 津南求職者バンク 趣味・アウトドアライフ・観光 津南町の基本情報 ショッピング・交通情報 医療・介護・福祉・救急情報 子育て・教育情報

津南町移住推進協議会トップページへ
トップ > 子育て・教育情報 > 母子保健サービス
母子保健サービス

津南町特定不妊治療費助成事業

不妊治療を受ける夫婦の経済的、精神的負担を軽減するため、町で特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)にかかった費用の一部を助成します。

対象者

体外受精又は顕微授精(以下「特定不妊治療」という)を受けた法律上の婚姻をしている夫婦で次の(1)及び(2)に該当する場合、助成の対象になります。

(1) 夫婦いずれかの者が津南町に住所を有している方
(2) 特定不妊治療以外の方法によっては、妊娠する見込みがないと医師に診断された方

対象となる治療等

夫婦間で行われる特定不妊治療で、医療機関の指定は設けません。(県外の医療機関でも助成対象となります。)なお、医師の判断により、やむを得ず治療を中断した場合も助成の対象となります。

助成額及び期間

特定不妊治療に要した費用について、初年度は3回まで、次年度以降1年度当たり2回までとし、通算5年助成します。
なお、新潟県の行う不妊治療費助成事業との併用も可能です。併用する場合は、県の行う助成事業を優先とし、県の助成額を控除した額を対象とします。

申請方法

特定不妊治療終了後、その年度内に次の書類を津南町役場福祉保健課に提出してください。なお、申請用紙等は津南町役場福祉保健課窓口にあります。

(1) 津南町特定不妊治療費助成金支給申請書
(2) 津南町特定不妊治療費助成事業受診等証明書
(3) 受診した医療機関発行の領収書
(4) 夫婦が法律上結婚していることがわかる証明書、及び夫婦いずれか一方が津南町に住所を有していることがわかる証明書(住民謄本もしくは抄本、及び戸籍抄本)を提出してください。(コピーでも可)また、外国人の方は外国人登録原票記載事項証明書が必要です。

※ 県の助成を受けた方は、決定通知書のコピーも提出してください。

お問い合わせ

津南町特定不妊治療費助成事業に関するお問い合わせは下記連絡先まで。

新潟県福祉保健部健康対策課母子保健係(電話:025-280-5197)、
又は、十日町地域振興局健康福祉部(電話:025-757-2400)まで 。


妊娠届出について

妊娠したときは役場福祉保健課へ妊娠届けを提出してください。提出の際に「母子健康手帳」、「妊婦一般健康診査補助券」等をお渡ししています。

妊娠届け

妊娠届けは福祉保健課健康班まで提出下さい。

母子健康手帳

母子健康手帳は、妊娠の初期からお子さんが小学校に入学するまでの間の母と子の大切な健康記録になります。健康診査や予防接種を受けるときは必ず持参してください。

妊婦健康診査補助券

町では医療機関で行う妊婦健康診査の補助券を発行しています。妊婦健康診査を受けるときに、受診票と母子手帳を窓口に提出してください。

 ・妊婦一般健康診査補助券